Azureの入門学習に最適な勉強法

インフラエンジニアの転職に
おすすめの求人サイト10選

✔️ 登録しないと教えてくれない。表には出ない隠れた大企業・優良企業を狙うなら、非公開求人が多いリクルートエージェントレバテックキャリア

✔️ 大企業〜ベンチャーまで幅広い業種や規模に対応。一つ登録すればその全てがわかる総合求人サイトならDODAリクナビNEXT

✔️ IT業界や社内SEの職種に特化した求人を中心に探すならマイナビIT AGENT社内SE転職ナビ

✔️ 年収1千万越えもありうる高年収を狙うなら、長期かつ手厚い転職支援が売りアクシスコンサルティングランスタッド

✔️ ベンチャー企業でゴリゴリ働きたいならWANTEDLYGreen

Azureの入門学習の勉強方法を纏めました

この記事では、私自身の経験も踏まえて、Azureの基礎的な勉強方法について纏めてみました。

こんな人に読んでほしい

・Azureに興味がある人
・AWSは知ってるがAzureはこれからの人
・業務でAzureを勉強せざるを得ない人

私自身、AWSは以前から触れたことがありましたが、Azureはさっぱり。

Azureを学習し始めた当初、

うさまる
うさまる

どーせAWSとだいたい同じだろ

という舐めたスタンスでいきなりAzureコンソールを触り始めましたが、いきなり挫折しましたね笑。

たしかに提供しているサービスはAWSと似ていますが、それ以前に管理面やアカウントの考え方に大きな違いがあります

個人的に感覚ですが、Azureは良い意味で管理面が細かく制御が可能です。例えば、1つのアカウントで複数のサブスクリプションを構成できたり、サービスをリソースグループ毎に管理したり。

この記事を通して、読んでいただいたみなさまのAzure学習のスタートダッシュが上手くいけば幸いです。


Azureは無料の学習コンテンツが豊富

Azureは無料で学べるコンテンツが充実しています。今回紹介する、特におすすめなコンテンツは3つ

①Microsoft Learn
②Microsoft主催のWebセミナー
③ブログ・サイト


①Microsoft Learn

『Microsoft Learn』とは、Microsoftが無料で提供しているオンラインの学習サービスです。Microsoftアカウントがあれば、誰でもAzureを始めとするMicrosoftのサービスについて学習が可能です。

Microsoft Learnでは、受講者の学習レベルに応じて様々なコースが用意されています。入門学習に最適なコースも用意されているので、是非一度チェックしてみて下さい。

Microsoft Learn
キャリアアップしてトップに立つために必要なスキルは、簡単には身に付きません。 お客様が目標をより迅速に達成するうえで役に立つ、より効果的なアプローチが、ハンズオン ラーニングでご利用いただけるようになりました。 ポイントやレベルをアップして、多くを獲得!

 

②Microsoft主催のWebセミナー

Microsoft主催のWebセミナーでも、Azureの初学者向けのWebセミナーが数多く開催されています。

特に、Microsoftが定期的に開催している『Microsoft Azure Virtual Training Day: Fundamentals』はおすすめです

このセミナーでは、Azureの認定資格の一つである『AZ-900(Azure Fundamentals)』を無料受験できるバウチャーがもらえます。

詳しくは、Microsoftの公式サイトやconpassから確認してみて下さい。

Microsoft Azure のイベント | Microsoft Azure
Microsoft Azure のイベント。IT キャンプ、開発者 キャンプ、コミュニティ イベントなど。地域のイベント情報を確認してください。
connpass - エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム
connpassはイベントやIT勉強会の開催、さらに参加者の集客に便利です。コミュニティやグループの運営やイベントの検索、事前決済もできます。


③個人ブログ

いろんな方がAzureに関するナレッジをブログに纏めてくれていますが、個人的に特におすすめしたい個人ブログは以下の2つです。

1.くらう道
2.Azureサイトの歩き方

1.くらう道

くらう道
Microsoft Azure のみちしるべ

『くらう道』は、マイクロソフトの中の人(2020年10月時点)が個人的に運営されているブログです。

さすが中の人だけあって、各記事の説明がわかりやすいですし、個人的にWVD(Windows Virtual Destktop)に関する情報が多くて助かってます笑。

おそらくAzureについて、今後何かしら調べていると一度はこの方の記事を目にすると思います。

専門的な記事はもちろんですが、入門的な記事もわかりやすく纏められている印象です。


2.Azureサイトの歩き方

Azure Base コンテンツ ポータル
Azure Base は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現する新しい取り組みです。"Base = 発信基地"として、代官山をフラッグシップとする物理拠点を全国に展開し、オンラインでも様々な情報を提供いたします

『Azureサイトの歩き方』は、マイクロソフトが運営しているサイトです。マイクロソフトが提供しているAzureに関するナレッジを体系的に纏めてくれています。

Azureの公式ドキュメント検索など、Azureに関するマイクロソフト公式情報を調べるのに最適です。


Azure認定資格で知識をアウトプット

学習の成果を測る上で、資格は一つ有益な手段ですよね。AWS同様、Azureにも複数の認定資格が用意されています。

Azure認定資格のエントリーレベルといえば、『AZ-900(Azure Fundamentals)』。

1週間もあれば取得可能な資格なので、Azure学習の一区切りとしての取得におすすめです。Azureの理解がより一層深まりますよ。


おすすめの入門書


2020年10月時点において、Azureの書籍、特に入門書はそれほど多くはありません

私も全てのAzure入門書を把握しているわけではありませんが、実際にAzureを業務利用する関係上これまで5冊は読んできました

その中で、特にわかりやすい入門書を3冊紹介します。これから購入を検討される方は参考にしてみて下さい。


①Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集

この本がおすすめな理由

・章末問題42問、演習問題44問と問題数豊富
・見やすいレイアウト構成
・値段が良心的(2千円程度)

Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集』は、AZ-900の試験対策本であると同時に、Azureの基礎知識から「クラウド」についてまでを幅広く学べる1冊です。

私はAZ-900の試験対策に、この『Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集』1冊を3周して合格しました。内容は簡素にまとめっており、Azure学習の最初の1冊としておすすめです。


②Azure定番システム設計・実装・運用ガイド

この本がおすすめな理由

・日本マイクロソフト監修の公式本
・主要サービスの基本的な構築手順がわかる
・オンプレミスからAzureへの移行の指針も解説

Azure定番システム設計・実装・運用ガイド』は、日本マイクロソフト監修と言われているように、内容の信頼性が他の本と比べて高いです。

もちろん、内容自体も丁寧に説明されており、初学者でもつまずくことなく読み進めることができる1冊です。


③Microsoft Azure実践ガイド

この本がおすすめな理由

・実践的にAzure構築し始める方におすすめ
・図解も豊富、AWSとのサービスを比較して解説
・kindle unlimitedなら無料で読める

Microsoft Azure実践ガイド』は、Azureについて一通り学んだ向けに、実際のケースを想定してAzure環境を構築していく実践的な1冊です。

なお、この『Microsoft Azure実践ガイド』はkindle unlimitedを利用している方であれば無料で読むことができます

kindle unlimitedってなに?

✔︎ 電子書籍の定額読み放題サービス
✔︎ 雑誌・書籍・漫画等200万冊以上が対象
✔︎ 月額980円・端末に10冊まで保存可能
✔︎ 新規登録から30日間は無料(途中解約も無料)

>> 【エンジニアに朗報】技術系書籍の節約ならkindle unlimitedがオトクな話


本を買うなら電子書籍がおすすめ

電子書籍には、紙の本にはないさまざまなメリットがあることをご存知ですか

なぜ電子書籍がおすすめなのか

・スマホ一つでいつでもどこでも学習
・本の値段が紙よりおトク

ちなみに、私は電子書籍サイト大手のhontoを愛用しています。

hontoを愛用している理由は、定期的(週に1回)に割引クーポンを発行してくれるところ。

毎月5千円以上本を買う私にとっては非常に嬉しい!

✔︎ 新規登録時に30%OFFクーポンを発行
✔︎ 定期的に10〜25%OFFクーポンを発行


Azureの勉強は難しくない!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

AzureはAWSとアカウントに対する基本的な思想や操作面でも違いがあり、一見取っつきにくいイメージがありますよね。

ただ、今回紹介したサイトや参考書を利用して時間をかけて学んでいけば、きっとAzureの理解が深まります。

今後の皆様のAzure学習の一助になれば幸いです。