CCNAに未経験でも合格できる勉強法(新試験対応)

新試験に対応したCCNAの勉強法纏めました

DMM FXで2万円をGET♪

ステップ1:DMM FXで口座開設

ステップ2:1lot(約5万円)取引

<< 2万 GET >>

具体的な取引方法は下記の動画にて。

この記事では、CCNAの勉強方法について解説していきます。

この記事でわかること

・CCNAの新試験概要や旧試験との比較
・CCNAの新試験におすすめWebサイトと参考書
・CCNAの受験費用を安く抑える方法
・CCNAが学べるスクール

今年の4月にciscoがCISCO認定資格の大幅な刷新を行いましたね。

個人的には受験料が安くなって嬉しい(それでも3万はするけど・・)!前よりは受験への敷居は下がった感じがします。

>> 『シスコ技術者認定が大改定! 2020年2月24日よりこう変わる(1) ――CCNA・CCNP・CCIE編』HRzine

もともと旧CCNAは取得済みではいたのですが、新試験と言うこともあり、改めて新試験の概要や勉強方法や学習ポイントを復習がてら纏め直しました。

これから受験する方が少しでも参考にして頂けたら幸いです。


CCNAの新試験概要と旧試験との違い

CCNAの新試験概要

まずは、CCNAの新試験概要について纏めてみす。具体的には以下の通り。

試験名称CCNA(Cisco Certified Network Associate)試験 v1.0(200-301)
試験時間120分
問題数100問前後
有効期限3年
合格点825/1000点(75%〜)
受験料¥33,600 (税別)
試験範囲ネットワークの基礎 20%
ネットワーク アクセス 20%
IP コネクティビティ 25%
IP サービス 10%
セキュリティの基礎 15%
自動化とプログラマビリティ 10%

>> 詳細はcisco公式サイトのCCNA新試験の試験範囲詳細
問題形式選択 / 入力 / シミュレーション / シナリオ / ドラック&ドロップ

>> 詳細はcisco公式サイトの試験チュートリアル


CCNAの旧試験との違い

旧試験と大きく異なる点でいうと以下3点ですね。

✔︎ CCNA取得に必要要件が緩和
✔︎ 受験料の値下がり
✔︎ 試験範囲の拡大


✔︎ CCNA取得に必要要件が緩和

以前の試験では、CCNA取得方法として2つ試験を合格して取得するパターンもありました。

しかし、今回の改定で1つの試験に合格するパターンのみとなりました。


✔︎ 受験料の値下がり

旧試験は¥39,600(税別)。正直旧試験は高すぎました。改定後も¥33,600 (税別)もなので決して安くはないですが、約¥5000の値下げは受験生にとって非常にありがたいですね。


✔︎ 試験範囲の変更

新たな試験範囲として「自動化とプログラマビリティ」が追加されています!

この試験範囲では、主にネットワークの仮想化(SDN)やコードによる構成管理についての知識が問われます。

ただ、問われるのはあくまで基礎的なレベルなので、この分野について全く知らなくても問題ありません(実際私がそうでした笑)。


おすすめWebサイトと参考書

ここでは、私自身も試験学習に使用した独学におすすめなWebサイトと参考書を紹介します〜。


Webサイト(Ping-t)

Web問題集の王道といえばPing-tです。

シスコ認定資格の改定にもいち早く対応されており(地味にすごい)、CCNAの新試験に対応したWeb問題集が1ヶ月¥2,400で学習可能です(複数月契約で割引有)。

Ping-tのおすすめポイント

・豊富な問題数(883問)とわかりやすい解説
・合格体験記で合格者のリアルな声がわかる


参考書

大前提として新試験に対応している参考書自体少ないですが、その中でもおすすめなのが『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』です。

この本のおすすめポイント

・1300ページに及ぶ詳細&コンパクトな解説
・各章毎の章末問題と模擬試験2回分付き

問題演習はPing-tで十分では有りますが、問題演習中心だと知識の関連性や前提知識の理解が難しかったりしますよね

知識を体系的に理解する意味で、やはり参考書は1冊必要です。

また、この参考書はCCNAの試験云々以前に、ネットワークの基礎知識を学ぶ上でも十分過ぎるほどよくまとまった1冊です。

ネットワークについて初めて学ぶ方にとってもおすすめな入門書としてもおすすめです。


CCNAの学習ポイント

王道ですが、シンプルにこの3点を徹底ですね。

・試験を申し込んでゴール設定
・Web問題集で地道に知識を積重ねる
・参考書で知識を体系的に理解する

試験を申し込んでゴール設定

俗に言う「締め切り効果」です。

これはCCNAに限ったことではないですが、こういったベンダー資格は受験日を自分で選択可能です。

なので、自分で受験日を先に設定しないと、だらだら学習が続いていくことになりがち。

先に申し込むことでゴールが明確になります。学習のモチベーションも保ちやすくなります。


Web問題集で地道に知識を積み重ねる

問題集は先に紹介したPing-tで十分

正直最初は問題を解かなくてもいいです。それ以上に問題を理解することのほうが重要です。

何を問われているのか?
この単語をどんな意味か?
(特に、最初は専門用語のオンパレードに気が滅入るかもしれません)

最初から覚えようとせず、まずは目を慣れさせましょう。言い換えるなら、専門用語に対する耐性をつけるイメージです。

ここで重要なのは、1周やり切ること。この一通りやり切った達成感が、今後の勉強の自信につながります。

2周目は基本回答を見ずに解きます。ただ、わからなければすぐ回答を確認して問題ないです。あくまで理解すること重視。

一番NGなのは、なんとなく理解して答えを丸暗記すること。とは言っても何度も繰り返していると問題は暗記できてしまうはずです。

そのレベルになったら、Ping-tの模擬試験モードで本番と同じ問題・同じ時間で行い、正答率が90〜100%になるまで繰り返しましょう。

尚、先に紹介した参考書の模擬試験2回分は、Ping-tをある程度完璧にしてからの力試しに最適です。


参考書で知識を体系的に理解する

さきほど紹介した『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』はPing-tを1周やってから読み始めることをおすすめします。

なんせ1300ページもあるので、正直最初から最後まで一気に読もうとするとだいたい挫折します笑。

この参考書のおすすめな読み方は、Ping-tで各章毎に演習した後で、その章に対応した部分を読むことや、Ping-tの問題演習をしていてわからない点を調べる際に読む方法です。

参考書をイチから読んで闇雲に覚えるのではなく、Ping-tの問題演習をベースに学習を進め、参考書は理解を深めるための役割として利用する方が効率的に学習を進められます。


少しでも受験費用を抑えるには

受験料ですら約¥35,000するCCNA試験。その他に参考書の購入やWeb問題集の料金も合わせると、1回の受験で4万が吹っ飛びます。

バウチャーチケットもあるか調べてみましたが、2020年10月時点で取り扱っている所は有りませんでした。

少しでも受験費用を抑えるなら、参考書は電子書籍での購入がおすすめです。

なぜ電子書籍がおすすめなのか

・スマホ一つでいつでもどこでも学習
・本の値段が紙よりおトク


私は電子書籍サイト大手のhontoを愛用しています。

hontoを愛用している理由は、割引クーポンを定期的に発行してくれるところ。毎月5千円以上本を買う私にとっては非常に嬉しい!

✔︎ アカウントの新規登録時に30%OFFクーポンを発行
✔︎ 定期的に10〜25%OFFクーポンを発行


独学が不安な方はスクールがおすすめ

おそらく多くの方は独学で受験されるCCNA。なるべく1回の受験で合格したいというのが誰しもが思う所。

ただ、試験範囲も広いため初学者には正直難しいです。私も最初はわからなすぎて挫折しかけました。

挫折が心配な方におすすめなのがスクールでの学習です

スクールなら講師にいつでも聞ける環境で、実機を触りながら学ぶことができます。

CCNAの試験対策講座があるスクールのうち、特におすすめは業界最安値ながら合格率95%と実績十分な『ネットビジョンアカデミー』です。

ネットビジョンアカデミーがおすすめな理由

・受講生のうち95%以上がCCNAに合格
・1ヶ月の短期集中で未経験者の方でも合格可能
・PCはスクールから貸与、ルータやスイッチ等の実機も検証し放題

2020年10月現在コロナ対策のため、説明会はもちろん授業もオンラインに対応しているとのこと!

興味がある方は、一度無料の説明会(オンライン対応)に参加して相談されてみてはいかがでしょうか?

————————————————–

最後まで読んで頂きありがとうございます!CCNAの合格に向けた準備の一助になれば幸いです。