CCNAに未経験から合格できる勉強法(新試験対応)

インフラエンジニアの転職に
おすすめの求人サイト10選

✔️ 登録しないと教えてくれない。表には出ない隠れた大企業・優良企業を狙うなら、非公開求人が多いリクルートエージェントレバテックキャリア

✔️ 大企業〜ベンチャーまで幅広い業種や規模に対応。一つ登録すればその全てがわかる総合求人サイトならDODAリクナビNEXT

✔️ IT業界や社内SEの職種に特化した求人を中心に探すならマイナビIT AGENT社内SE転職ナビ

✔️ 年収1千万越えもありうる高年収を狙うなら、長期かつ手厚い転職支援が売りアクシスコンサルティングランスタッド

✔️ ベンチャー企業でゴリゴリ働きたいならWANTEDLYGreen

CCNAの勉強法まとめました

この記事では、CCNAの勉強方法について解説していきます。

この記事でわかること

・CCNAの新試験概要や旧試験との比較
・CCNAの新試験におすすめ学習サイトと参考書
・CCNAの受験費用を安く抑える方法
・CCNAが学べるスクール

2020年4月にciscoが認定資格の大幅な刷新を行いましたね。

個人的には受験料が安くなって嬉しい(それでも3万はするけど・・)!前よりは受験への敷居は下がった感じがします。

>> 『シスコ技術者認定が大改定! 2020年2月24日よりこう変わる(1) ――CCNA・CCNP・CCIE編』HRzine

もともと旧CCNAは取得済みではいたのですが、新試験と言うこともあり、改めて新試験の概要や勉強方法や学習ポイントを復習がてら纏め直しました。

これから受験する方が少しでも参考にして頂けたら幸いです。

読んで頂きありがとうございます。記事途中ですが、
簡単に私のプロフィールを紹介させて下さい!

ログ管理人うさまるのプロフィール
  • kindle unlimited × audiobook.jp × audible × Flierで毎日読書三昧
  • 私立文系でIT未経験なのに新卒でSES企業
  • SIerに派遣され約2年インフラエンジニア
  • IT企業の社内SEに転職して現在3年目
  • 保有資格はLPIC1,2 / CCNA / AWS SAA / AZ-900 / SG等
  • Twitternoteもやってます


CCNAの新試験と旧試験の違い

CCNAの新試験概要

まずは、CCNAの新試験概要について纏めてみす。具体的には以下の通り。

試験名称CCNA(Cisco Certified Network Associate)試験 v1.0(200-301)
試験時間120分
問題数100問前後
有効期限3年
合格点825/1000点(75%〜)
受験料¥33,600 (税別)
試験範囲ネットワークの基礎 20%
ネットワーク アクセス 20%
IP コネクティビティ 25%
IP サービス 10%
セキュリティの基礎 15%
自動化とプログラマビリティ 10%
>> 詳細は公式サイト
問題形式選択,入力,シミュレーション,シナリオ,ドラック&ドロップ
>> 詳細は公式サイト


CCNAの旧試験との違い

旧試験と大きく異なる点でいうと以下3点です。

①CCNA取得に必要要件が緩和
②受験料の値下がり
③試験範囲の拡大


①CCNA取得に必要要件が緩和

以前の試験では、CCNA取得方法として2つ試験を合格して取得するパターンもありました。

しかし、今回の改定で1つの試験に合格するパターンのみとなりました。


②受験料の値下がり

旧試験は¥39,600(税別)。正直旧試験は高すぎました。

改定後も¥33,600 (税別)もなので決して安くはないですが、約¥5000の値下げは受験生にとって非常にありがたいですね。


③試験範囲の変更

新たな試験範囲として「自動化とプログラマビリティ」が追加されていました。

この試験範囲は、主にネットワークの仮想化(SDN)やコードによる構成管理についての知識が問われます。

ただ、問われるのはあくまで基礎的なレベルです。

この分野について全く知らなくても問題ありません(実際私がそうでした笑)。


おすすめの学習サイトと参考書

ここでは、私自身も試験学習に使用した、独学におすすめなWebサイトと参考書を紹介します。


学習サイト

CCNAの学習は、本はもちろんですが、サイトでも十分学習できます。

しかもサイトによっては無料で。

私自身もお世話になった、おすすめの学習サイトを3つ紹介します。

1.Ping-t

Ping-tは、Web上でCCNAの試験対策の問題集を提供しているサイトです。

シスコ認定資格の改定にもいち早く対応されていました。

CCNAの新試験に対応したWeb問題集が1ヶ月¥2,400で学習可能です(複数月契約で割引有)。

Ping-tのおすすめポイント

・豊富な問題数(883問)とわかりやすい解説
・合格体験記で合格者のリアルな声がわかる


2.CCNAイージス

CCNAイージスは、Ping-tとは打って変わってCCNAの試験範囲について学べる教科書タイプのサイトです。

CCNAイージス完全無料です。

これは非常に嬉しい。参考書や他のサイトで、CCNAについてわからない用語や分野があったときに、CCNAイージスを読めば大概は理解できます。

それほど解説が丁寧でわかりやすいサイトです。


3.3分間Networking

3分間Networkingは、1つの記事が3分を目安に読むことができる教科書タイプのサイトです。

このサイトを基に書籍も出版されています。

CCNAの対策というよりかは、ネットワークの入門学習におすすめのサイトです。


参考書

大前提として新試験に対応している参考書自体少ないです。

その中でもおすすめなのが『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』です。

この本のおすすめポイント

・1300ページに及ぶ詳細&コンパクトな解説
・各章毎の章末問題と模擬試験2回分付き

問題演習はPing-tで十分では有りますが、問題演習中心だと知識の関連性や前提知識の理解が難しかったりしますよね

知識を体系的に理解する意味で、やはり参考書は1冊必要です。

また、この参考書はCCNAの試験云々以前に、ネットワークの基礎知識を学ぶ上でも十分過ぎるほどよくまとまった1冊です。

ネットワークについて初めて学ぶ方にとってもおすすめな入門書としてもおすすめです。


CCNAの勉強方法は王道にあり

王道ですが、シンプルにこの4点を徹底です。

①試験を申し込んでゴール設定
②Web問題集で地道に知識を積み重ねる
③参考書で知識を体系的に理解する
④間違えた問題を中心に復習する


①試験を申し込んでゴール設定

俗に言う「締め切り効果」です。

これはCCNAに限ったことではないですが、こういったベンダー資格は受験日を自分で選択可能です。

なので、自分で受験日を先に設定しないと、だらだら学習が続いていくことになりがち。

先に申し込むことでゴールが明確になります。学習のモチベーションも保ちやすくなります。


②Web問題集で地道に知識を積み重ねる

問題集は先に紹介したPing-tで十分

正直最初は問題を解かなくてもいいです。それ以上に問題を理解することのほうが重要です。

何を問われているのか?
この単語をどんな意味か?
(特に、最初は専門用語のオンパレードに気が滅入るかもしれません)

最初から覚えようとせず、まずは目を慣れさせましょう。言い換えるなら、専門用語に対する耐性をつけるイメージです。

ここで重要なのは、1周やり切ること。一通りやり切ったことで得られた達成感が、今後の勉強のモチベーション維持につながります

2周目は基本回答を見ずに解きます。ただ、わからなければすぐ回答を確認して問題ないです。あくまで理解すること重視。

一番NGなのは、なんとなく理解して答えを丸暗記すること。とは言っても何度も繰り返していると問題は暗記できてしまうはずです。

そのレベルになったら、Ping-tの模擬試験モードで本番と同じ問題・同じ時間で行い、正答率が90〜100%になるまで繰り返しましょう。

尚、先に紹介した参考書の模擬試験2回分は、Ping-tをある程度完璧にしてからの力試しに最適です。


③参考書で知識を体系的に理解する

さきほど紹介した『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』はPing-tを1周やってから読み始めることをおすすめします。

なんせ1300ページもあるので、正直最初から最後まで一気に読もうとするとだいたい挫折します笑。

この参考書のおすすめな読み方は、Ping-tで各章毎に演習した後で、その章に対応した部分を読むことや、Ping-tの問題演習をしていてわからない点を調べる際に読む方法です。

参考書をイチから読んで闇雲に覚えるのではなく、Ping-tの問題演習をベースに学習を進め、参考書は理解を深めるための役割として利用する方が効率的に学習を進められます。


④間違えた問題を中心に復習する

問題集を何周もする際は、間違えた問題や理解できなかった問題にチェックをしておき、チェックした問題を中心に復習しましょう。

暗記等ではない限り、一度でも自力で解けた問題を間違える確率は低いです。

それよりも、間違えた問題をつぶしましょう。そのほうが効率的に学習が可能です。


CCNAの合格に必要な勉強時間は?

ここでは初学者の場合を想定してお話します。

結論、CCNAの合格に必要な勉強時間は約100時間です。

この算出基準は、私の実際の大体の学習時間に基づいています。私の100時間の内訳は下記の通り。

・Ping-tでの問題演習を3周 → 70時間
・参考書の模擬試験を完璧にする → 10時間
・Ping-tでの模擬試験 → 10時間
・苦手分野の集中学習 → 10時間

100時間というと多いかもしれませんが、毎日2時間勉強すれば20日。毎日4時間勉強すれば10日間。あっという間です。

私がおすすめする勉強方法は、さきほども紹介したように問題演習中心です。

私はまずPing-tのWeb問題集を3周しました。

1周目は、大体40時間くらいかかります。この40時間がある意味一番しんどいです。

全く無知の状態から、プロトコル?サブネット?ルーティング?といった専門用語を理解した上で問題を解く必要があるわけですから。

また、問題演習で1つの分野を終えるごとに、先ほど紹介した参考書『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』の同分野箇所を読んで、わからない単語の意味や概念を理解しながら進めていたので時間がかかりました。

ただ、1周目の40時間を乗り切れば、合格が一気に近づきます

2周目は、専門用語もなんとなくわかるようになります。約20時間で1周できます。

3周目は、1周目と2周目でよく間違えた・理解できなかった問題をチェックしてそのチェックした問題を中心に解きます。3周目は大体10時間程度で1周できます。

Ping-tでの問題演習で合計70時間かけます。

Ping-tでの問題演習後は、先ほど紹介した参考書『シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301』の模擬試験を解きます。ここに約10時間かけます。

参考書の模擬試験が完璧になったら、もう一度Ping-tに戻って模擬試験モードでの問題演習を10時間ほど行います。実際の試験時間の半分くらいで解けるようになればベストです。

Ping-tの模擬試験モードでは、出題される問題をこれまでよく間違えた問題中心に設定可能です。ここで徹底的に苦手な問題をつぶしていきます。

残りの10時間は、苦手な分野や問題をノートにまとめたりして自分の苦手分野を洗い出して、改めて学習し直す時間です。


わたしはこのように勉強を進め、CCNAの勉強〜合格までに大体1ヶ月ほどかかりました。

平日の昼間は普通に仕事だったので、勉強時間は平日は平均2時間、土日に平均4〜5時間です。

ただ、日によって全く勉強しない日もあったので、おおよそ1ヶ月としています。


少しでも受験費用を抑えるには?

受験料で約¥35,000するCCNA試験。その他に参考書の購入やWeb問題集の料金も合わせると、1回の受験で4万が吹っ飛びます。

バウチャーチケットもあるか調べてみましたが、2020年10月時点で取り扱っている所は有りませんでした。

少しでも受験費用を抑えるなら、参考書は電子書籍での購入がおすすめです。

なぜ電子書籍がおすすめなのか

・スマホ一つでいつでもどこでも学習
・本の値段が紙よりおトク


私は電子書籍サイト大手のhontoを愛用しています。

hontoを愛用している理由は、割引クーポンを定期的に発行してくれるところ。毎月5千円以上本を買う私にとっては非常に嬉しい!

✔︎ 新規登録時に30%OFFクーポンを発行
✔︎ 定期的に10〜25%OFFクーポンを発行


独学が不安な方はスクールがおすすめ

おそらく多くの方は独学で受験されるCCNA。

なるべく1回の受験で合格したいというのが誰しもが思う所。

ただ、試験範囲も広いため初学者には正直難しいです。私も最初はわからなすぎて挫折しかけました。

独学での挫折が心配な方におすすめなのがスクールでの学習です。

CCNAの試験対策講座があるスクールの中で個人的におすすめなのが、完全オンライン学習可能でサポートも充実しているウズウズカレッジです。

ウズウズカレッジがおすすめな理由

・オンライン学習対応で全国どこでも学習可能
・業界最安とも言える受講価格(分割なら月6250円〜)
・専任講師がチャットやzoomによる完全個別サポート

コロナ禍もあり、ウズウズカレッジでは完全オンラインによる学習スタイルを展開しており、全国どこからでも学習が可能

また、専任の講師が受講生のレベルに応じて、十人十色の日割り学習スケジュールを作成&チャットやzoomによるサポートも魅力です。

希望者には未経験からエンジニアの転職支援も行っています。

ウズウズカレッジを運営する会社は、元々20代の就職サポート支援を行っており、支援数は18,000人以上と実績十分。

なお、ウズウズカレッジの現役講師が作成した学習動画コンテンツは、一部無料で公開されています。気になる方はこちらもチェックしてみてください。

【CCNA動画支持率No.1】未経験からのインフラエンジニア勉強講座【ネットワーク基礎入門 #1】


無料の相談会(オンライン対応)は随時実施中。

興味のある方は、CCNAの学習や未経験からのエンジニアへのキャリアについて、一度相談されてみてはいかがでしょうか?

————————————————–

最後まで読んで頂きありがとうございます!

CCNAの合格に向けた準備の一助になれば幸いです。