SES(客先常駐)で働くデメリット

DMM FXで2万円をGET♪

ステップ1:DMM FXで口座開設

ステップ2:1lot(約5万円)取引

<< 2万 GET >>

具体的な取引方法は下記の動画にて。

結論

SESで働く4つのデメリット。

  1. 仕事でのスキルアップがしずらい。
  2. キャリアアップしにくい。
  3. 雇用が景気に左右されやすい。
  4. 給料が上がりにくい。


私がSESを辞めたワケ

辞表のイラスト

私はほんの1年前までSESで働いていました。別記事で書いていますが、SESで働いてよかったと思えることもたくさんあります。

ただ、それと同じくらい、早くSESを辞めたい理由もありました。そんな実体験を下に、SESで働くデメリットについて纏めました。

マイナビジョブ20's


SESで働く4つのデメリット

仕事でのスキルアップがしずらい

そもそもSESがなぜ必要かといえば、

派遣元企業が人件費削減と効率的に人的リソースが確保しやすい

からです。その会社でやっている業務の穴埋め要員としてSESから人を雇うのです。

よって、仮に人が入れ替わっても業務が回るように、SESの社員に任せる仕事は定型化した運用業務が大半です。

もちろんそれを覚えることで学ぶべきことはたくさんあるでしょう。

しかし、情報の価値というのは、希少性があるから価値が高いのです。

みんなができることを蓄積しても、仕事でのスキルアップは中々見込めません。



キャリアアップしにくい

SESで働いていたという経験だけでは、ITエンジニアとしての市場価値は高く評価されません

これは実際に転職する際に感じたことです。

世間一般的にSESで働いていたと言うと、先で書いたような大した仕事をしてない印象を抱かれやすいです。

もちろん、自分がやってきた仕事をしっかり説明でき、相手が理解してくれれば問題ありません!

ただ、世間からの第一印象は決して高くないということを知っておいてほしいです。


雇用が景気に左右されやすい

経済的な不況によって派遣先の企業からコストカットの煽りを受けやすいのが、SES企業から派遣されている社員です。

SES企業では、彼らの多くを正社員として雇用しています。彼らが派遣先から戻って待機している場合でも、毎月の給料は払わなければなりません。

また、SES企業の売上は、人を派遣することで得られる手数料で成り立っています。

ただ、それは派遣先で彼らが働いてくれるから成り立つもの。

彼らの働き口がなくなれば会社としても成り立たなくなる可能性

が高まるということです。


給料が上がりにくい

SES企業の社員が給料を上げる1番の方法は、単価を上げることです。

でも実際のところ、単価は簡単に上がるものではありません。

なぜなら、SES企業間で価格競争が起きているからです。

その理由は、需要(SESを求める企業)より供給(SES企業)が多いからに他なりません。転職サイトを見るとわかりますが、SES企業は大小問わず多く存在しています。

供給が多いとSES企業間で価格競争が起きます。派遣元の企業からすれば、当然安い単価がいいに決まってますよね。

よって、たとえ仕事の成果を上げたとしても、こうしたSES企業に不利な状況では、希望通りの単価は上がりにくいのです。

また、SES企業は賞与や昇給の評価制度が曖昧になりがちです。

そのワケは評価者がIT知識に疎いことが多いからです。賞与や昇給の評価面談は、基本的にSES企業の営業が行います。

営業の人に今期の自分の実績を話したところで、IT知識が少ないとあまり理解してくれませんよね・・・

結果として、相対的な評価というよりは全員一律の評価になりやすくなるのです。


結びにかえて

将来のことを考える人のイラスト(男性)

私はSES企業に新卒から2年半働いていました。転職した一番の理由は給料面で不安を感じていたから。

「給料が上がりにくい」で記載した通り、毎年の昇給は一律3000円くらい、賞与の基準となる評価も曖昧でした。

「しっかり自分の仕事を間近で評価してくれる企業で働きたい」

そんな思いから、思い切って転職をしました。

全てのSES企業にこれが当てはまるわけではありません。今後SES企業で働く場合は是非良い企業を選んでください!

最後まで読んで頂きありがとうございました!